更年期障害の対処方法【サプリや病院で治すことができます】

がんを治療する方法

病院

食道がんは60代や70代で発症しやすいといわれています。また、早い人は50代でも発症しやすいともいわれています。それと、初期症状はたくさんあります。食べ物や飲み物が飲み込みにくい症状がではじめたり、胸焼けや胸の痛みが出始めたら食道がんの可能性が高いです。他にも身近ではありますが、げっぷがたくさん出始めたら危険です。声がかすれたり咳が多くなってきても危険が高いです。

食道がんになる原因はタバコの吸い過ぎが主な原因です。タバコに含まれている発がん性物質の影響で食道がんになりやすいといわれています。他にもお酒をたくさん飲む人も危険が高いです。また、熱い食べ物や冷たい飲み物が好きな人も注意が必要です。喉は自分が思っている以上に負担をかけてしまうので、知らずに食道がんになりやすくなってしまいます。

食道がんを予防するには野菜や果物を摂取することが大切です。1日に野菜を100グラム摂取するたびに食道がんになる確率を10%引き下げることができます。野菜をたくさん摂取することが大事だといえるでしょう。

食道がんの検査はたくさんあります。一般的な方法はX線を使って検査をする方法で、バリウムをのんでその流れを見る方法です。通常とは違う流れ方で合った場合は、食道がんの可能性が高くなります。この検査の方法を食堂造影検査といいます。他にも内視鏡検査というやり方でカメラを入れる検査もありますし、超音波によるエコー検査もあります。